メニュー

漢方独自の考え方「気・血・水(き・けつ・すい)」とは

漢方独自の考え方「気・血・水(き・けつ・すい)」とは

不調の原因を探るものさし「気・血・水(き・けつ・すい)」

梅雨の時期から台風シーズンへと、まだまだ雨の降る日が続きます。
そんなときに、何となく体調が悪い、気分がすぐれない…というのは、もしかしたら気のせいじゃないかもしれません。

漢方の考え方に「気・血・水(き・けつ・すい)」というものがありますが、これは不調の原因を探るための〝ものさし〟です。
私たちのカラダは、この3要素がうまく巡ることによって健康が維持され、これらが不足したり、滞ったり、偏ったりしたときに、不調や病気になってしまうとされています。

特にこの時期に気を付けたいのが、気・血・水のうちの、「水(すい)」がもたらす問題です。

気(き)・血(けつ)・水(すい)

カラダに溜まった不要な「水」で起こる症状

水毒(すいどく)」という言葉をご存知でしょうか。
水毒といっても体内に毒素があるという意味ではありません。
水の停滞、これを漢方では水毒と言っています。

水は、カラダに存在する血液以外の体液のこと。
これが、「本来あるべきところに〝過剰に存在〟したり、本来あるべきところではないところに存在したりしている病態」が、水毒なのです。
私たちのカラダの70%は水分でできているので、それが異常に増えたり、滞ったり、不足したりすれば、当然、体調も悪くなります。

特に湿度が高い梅雨の時期は、皮膚の水分代謝がうまくいかず、水が滞りがち。そのため、水毒という状態になりやすいのです。

水太りやめまい、頭痛も「水毒」が影響

漢方独自の考え方「気・血・水(き・けつ・すい)」とは

では、どんな症状があったら水毒が疑われるでしょうか。

わかりやすいのは、水分が絡む症状。
むくみや、お腹がぽちゃぽちゃする、関節に水が溜まる、鼻水が良く出る、多汗、下痢といった症状が当てはまります。
反対に、尿の出が悪い状態も水毒だと考えられます。

また、一見、水とは関係ない症状の背景に水毒が関係していることもあります。
例えば、「頭痛」。
梅雨になると、頭が痛くなる人もいるのではないでしょうか。
これもまた水毒がもたらすものだと考えられています。
めまいや冷え、口の渇き、動悸、耳鳴り、吐き気、倦怠感、手の関節のこわばりなども、代表的な水毒の症状です。

現代病ともいえる、喘息や花粉症、アレルギー性鼻炎なども、漢方的にみると水毒が関係していると言われています。
ちなみに、色白でぽちゃぽちゃした、いわゆる「水太り」気味な人も水毒を意識したほうがいいでしょう。

舌の周りがギザギザ…は水毒かも

望診(ぼうしん)

水毒があるかどうかは、セルフチェックでも確かめられます。
鏡に向かってあっかんべーをしたときに、舌が厚くぽってりしていて周りに歯の痕(ギザギザしている様子)があれば、水毒の可能性が大。
また舌の表面に白いもの(舌苔:ぜったい)があれば、水毒かもしれません。

もちろん、不調の原因が水毒かどうかは、漢方に詳しい医師や薬剤師への相談が必要です。
漢方には「利水剤」という水毒を改善する処方があるので、この時期、先に挙げた症状で悩んでいるようなら、一度、医師や薬剤師に相談したほうがいいかもしれません。

参照

「入門漢方医学」(南江堂)

「漢方医学」(創元社)

こちらも参考に!

私に合う漢方薬の見つけ方
https://www.kampo-view.com/shirou/order.html

悩み別漢方「冷え症(冷え性)」
https://www.kampo-view.com/nayami/hieshou01.html

悩み別漢方「アレルギー性鼻炎・花粉症」
https://www.kampo-view.com/nayami/kafun01.html

漢方に詳しい病院・医師検索サイト紹介
https://www.kampo-view.com/search.html