キレイ・ゲンキ・ハッピーをずっと Kampo View

まとめ

不定愁訴(なんとなく体調が悪い)とは
なんとなく体調が悪かったり、さまざまな症状を自覚するにもかかわらず、検査をしても異常がみられない状態をいいます。自覚症状は常に一定しているわけではなく、重くなったり、軽くなったり、違う症状が現れたり、引っ込んだりを繰り返すのが特徴です。女性の場合、女性ホルモンの変化や鉄欠乏、低血糖などにより不定愁訴が起こりやすいといわれています。
不定愁訴(なんとなく体調が悪い)の治療
血液検査などで明らかにヘモグロビン値や貯蔵鉄のフェリチン値が低い場合は、鉄剤を服用します。あわせて、食事の見直しを中心に生活習慣の改善などを行っていきます。ホルモンの変化や低血糖による不定愁訴では、生活習慣の改善が大事になります。
漢方治療では、血(けつ)の不足状態である血虚(けっきょ)や、気(き)の不足状態である気虚(ききょ)があると考え、血や気を補う漢方薬を用いて状態を整えていきます。
病院での診察
漢方の診察では、独自の「四診」と呼ばれる方法がとられます。さまざまな内容を問診したり、お腹や舌、脈を診たりします。不定愁訴の症状は多彩なため、漢方薬を服用後、比較的早い時期に改善する症状もありますが、長期服用が必要となる症状もあります。
漢方の力をしっかりカラダに届かせるためにも、医師や薬剤師と二人三脚で治療にあたることが大事です。
不定愁訴(なんとなく体調が悪い)

不定愁訴のメカニズム

疲れる、体が重い、だるい、睡眠をとっても体力が回復しない、物事に集中できない、やる気がしない、落ち込みやすい…。そのようななんとなく体調が悪いなと感じることがありませんか。これは不定愁訴と呼ばれ、こうしたさまざまな症状を自覚するにもかかわらず、検査をしても異常がみられない状態をいいます。
自覚症状は常に一定しているわけではなく、重くなったり、軽くなったり、違う症状が現れたり、引っ込んだりを繰り返すのが特徴です。
この不定愁訴は、「婦人不定愁訴症候群」という別名があるように、男性より女性に多いといわれています。それは女性の場合、エストロゲンなどの女性ホルモンの変化に体調が影響されやすいためで、とくに思春期、性成熟期、更年期、老年期といったライフステージが変わるタイミングで症状が現れやすいことが知られています(ライフステージに関しては、当サイト「年代別にみる女性の不調と漢方」をご覧ください)。

女性に多い「鉄欠乏(鉄不足)」と「機能性低血糖」

不定愁訴のなかで、女性に多い原因とされているのが鉄欠乏(鉄不足)です。
思春期、性成熟期の女性の多くは妊娠や授乳中を除いて、毎月、月経(生理)があり、定期的に一定量の血液が失われています。体内の鉄の65%が血液中に存在するので、血液が失われれば当然、カラダに必要な鉄分も失われます。
鉄はカラダの中にもっとも多く含まれるミネラルで、血液を構成する赤血球の材料になり、全身に酸素を運ぶのを助けます。ほかにも、骨や皮膚、粘膜の代謝や、セロトニンやノルアドレナリンといった神経伝達物質の生成にも関わっています。鉄は私たちが生きていくために必要な、さまざまな機能を補助しているため、鉄が欠乏した状態になると、全身にわたってさまざまな症状(不定愁訴)が現れてしまうのです(下表)。

鉄欠乏の症状(不定愁訴)

立ちくらみ、めまい、耳鳴り、疲れやすい、冷え、肩こり、頭痛、頭重、風邪を引きやすい、微熱、脱毛、注意力の低下、イライラ、抑うつ、神経過敏、歯ぐきからの出血、カラダにあざができやすい、胸痛、頻脈、動悸、息切れ、むくみ、爪の変形、食欲不振、のどのつかえ感、便秘、下痢、口角炎など

体内にある鉄量は、一般的に血液中のヘモグロビンを調べることでわかります。女性では12~16g/dLが基準値とされ、12g/dLを下回ると鉄欠乏性貧血と診断されます。
しかし、「貧血と診断される12g/dLを下回っていないから安心」とは限りません。実は、正常値の人のなかには、肝臓や脾臓などに貯蔵されている鉄(貯蔵鉄)を消費することでかろうじて数値を保てている〝隠れ鉄不足〟の人がいます。
貯蔵鉄がどれくらいあるかを反映しているものが、フェリチン値です。一般成人の貯蔵鉄量は1000mgが適切と言われています。血清フェリチン値1ng/mlは貯蔵鉄8〜10mgに相当するので、血清フェリチン値は100〜120ng/mlが適切な値となります。ヘモグロビンの値が基準値内であっても、フェリチン値が80ng/ml以下の場合は、何らかの鉄欠乏による症状が出ることがあり、特にフェリチン値が20ng/mlを下回ると鉄の欠乏状態となり、さまざまな不定愁訴の原因となります。
※フェリチン値は炎症や脂肪肝などでも高値になることがあります。

不定愁訴の原因は鉄欠乏だけに限りません。
不定愁訴で悩む女性のなかには、糖の代謝がうまく行われない「機能性低血糖症」の状態に陥っている人も見られます。糖の調節異常というと糖尿病などの病気を思い浮かべる人も多いでしょうが、機能性低血糖症は、糖尿病の前段階の状態で、まだインスリンは出るものの、調節異常が起こっているため、出るタイミングがずれたり、変に出続けてしまったりして、血糖値が下がりすぎてしまう状態をいいます。
私たちがふだん摂った甘いもの(ブドウ糖)は、膵臓から分泌されるインスリンというホルモンによって肝臓や脂肪細胞などに運ばれます。このインスリンの調整がうまくいかず多量に分泌されると、血液中のブドウ糖の量が急激に減ります。これが低血糖です。低血糖で生じる主な症状は、以下の通りです。

低血糖の症状

カラダのだるさ、冷や汗、不安感、動悸、ふるえ、吐き気、かすみ目、空腹感、強い眠気、生あくび、集中力の低下など

機能性低血糖の原因は、甘いもの(菓子類や菓子パン、ジュースなど)やアルコールの摂り過ぎなどで、不規則な食事やビタミン・ミネラル不足、ストレスなども関係します。
甘いものは「疲れているから」、「朝甘いものを食べると目が覚めるから」といった理由で食べている人が多いようですが、それがかえって低血糖による疲れやすさを助長させて、不定愁訴をこじらせている可能性があるというわけです。
こうした糖に偏りがちの食生活は、鉄欠乏を招く要因ともいえます。つまり、機能性低血糖症の女性は同時に鉄不足問題も抱えている恐れがあるといえるでしょう。

機能性低血糖症かどうかは、5時間糖負荷検査(自費)で診断します。これはカラダに一定量のブドウ糖を入れ、その後、決められた時間ごとに採血などを行って、血糖値やインスリンなどの変動を調べる検査です。腕に小さな検査器具を取り付けて24時間の血糖値の変動を調べる方法も行われています。
糖尿病かどうかをみる、HbA1c(ヘモグロビンエーワンシー)という検査も参考になります。
HbA1cは1~2カ月の血糖の平均値で、6.5%以上が糖尿病、6.0~6.4%が糖尿病予備軍です。若い女性の理想のHbA1cは5.0%前後ですが、最近はこの値が5.5%以上ある女性が増えています。このような人は、菓子やジュースなど血糖値を上げやすい食事を多く摂っていたり、運動をほとんどしていなかったりすることが多く、すでに機能性低血糖症の状態になっている可能性が否めません。

不定愁訴の薬物治療、非薬物治療

不定愁訴は、さまざまな症状が強まったり弱まったりする上、血液検査や画像検査などで異常が発見されにくいため、西洋医学的に原因を突き止めるのが容易ではありません。
ただし、鉄欠乏と判断される場合は鉄を補う薬物治療を進めていくことになります。
(鉄欠乏の薬物治療・非薬物治療は、悩み別漢方「貧血」をご覧ください)。
〝隠れ鉄不足〟も食事の摂り方次第で改善につながります。糖質を減らして、動物性のたんぱく質をきちんと摂ることが大切です。

一方、低血糖は貧血と違って、低血糖という病態をしっかり理解している人はそう多くありません。ですので、まずは「低血糖とはどういう病態なのか」「何が問題なのか」をしっかり理解することが大切です。その上で、自分の食事の傾向を客観的につかみます。
食事の改善では、まずは糖質を制限し、意識してたんぱく質やビタミン、ミネラルを摂っていきます。また早食いせず、ゆっくり噛んで食べることを心がけます。

機能性低血糖の治療法

・機能性低血糖症という病態を知る
・自分の食事の傾向を知り、食事の間隔が長ければ間食などで対応。朝食抜きや昼食抜きなどはやめる
・糖質を制限し、意識してたんぱく質、ビタミン、ミネラルを摂る
・食べる順番を工夫する(はじめに食物繊維、次にたんぱく質、そして炭水化物の順)

日本女性心身医学会雑誌 Vol.14 No.3「女性の不定愁訴と低血糖症との関わり」

不定愁訴の漢方薬による治療

先に紹介したように、「鉄不足であれば、鉄を補充すれば解決する」と考えがちですが、実際、女性の不定愁訴には鉄不足だけでなく、女性ホルモンの乱れや糖の調整異常などが合併していることが少なくありません。また、副作用で鉄剤が飲めない人もいます。
こういう人に漢方による治療が行われています。
漢方には「気・血・水(き・けつ・すい)」という概念があります。鉄不足による不定愁訴には血(けつ)の異常、具体的には血が不足している血虚(けっきょ)があると考えられますが、人によっては気の不足である気虚(ききょ)の状態になっている人もいます。
そこで漢方独自の診断法でその人の体質などを加味し、不定愁訴の改善に必要な漢方薬を処方していきます。

武者先生のワンポイントアドバイス

食生活の見直しで鉄分補給を!

多くの女性が手軽に摂れる糖質に偏った食生活(おにぎりや菓子パンのみ)によって鉄不足になりがちです。大切な栄養素である鉄分の不足は不調を生み出す原因やダイエットの妨げにもなってしまいます。毎日の食事も見直してみませんか。おいしく、楽しく鉄分補給するにはどのようにすればいいのか。WEBサイト『鉄子になろう』もぜひご参考になさってください。

武者稚枝子先生監修のサイト「鉄子になろう」

・女性は「鉄不足」!?
・爪でカンタン鉄不足診断
・隠れ鉄不足とは?
・負のスパイラル
・鉄子メシで行こう!
・漢方でのアプローチ

URL : https://www.kampo-tetsuko.jp/(外部サイト)

医療用漢方製剤はお近くの医療機関で処方してもらうこともできます。
ご自身の症状で気になることがありましたら、一度かかりつけ医にご相談ください。
(すべての医師がこの診療方法を行うとは限りません。一般的な診療だけで終える場合もあります。)

監修医師

稚枝子おおつきクリニック 院長 東京女子医科大学産婦人科 非常勤講師 武者 稚枝子 先生
武者 稚枝子先生

東京女子医科大学医学部医学科卒業、医学博士。東京女子医科大学病院、東京女子医科大学附属第二病院(現:東京女子医科大学東医療センター)、東京女子医科大学附属青山女性・自然医療研究所、小川赤十字病院、湘南記念病院、武者医院、大月市立中央病院などに勤務。現在、東京女子医科大学附属病院非常勤講師兼務。

関連コンテンツ

─ BRAND NEW ─

Kampo view Books

色々な漢方の冊子がスマホで読める、漢方情報アプリです。
オフラインでも閲覧可能です。ぜひ、こちらからダウンロードを。